参加者の声

スタディツアー参加者の感想

Yoshieさん

スラム

山あいの村も、川沿いのスラムも、ゴミ集積所の人たちも、どの環境も日本で生まれ育ってしまった私からすると過酷に見えます。どのスラムでもいくつか通り過ぎた家の中に1つは、テレビがある家があったような気がするのでニュースを見て、自分たちのすぐ隣に自分たちとはちがう日常があることも知っているのではないかと思います。

でもどの集落もそこで暮らす人たちは自分たちの状況をさほど悲観しているようには見えませんでした。彼らから私たち(日本から来た語学学校の生徒と、公立学校の先生とその娘)はどう見えたのか、今になって気になっています。

知らなくても生きていけますが、私はフィリピンの抱える問題を知りたくてスタディツアーに参加しました。
スタディツアーに参加できて本当によかったと思っています。

(写真)川沿いスラムにて、橋の下に住むおばあちゃんと。

 

Aiさん

スタディーツアー

これまで、フィリピンの貧困層=ストリートチルドレンと勝手に思い込んでいました。
が、実際には、政府の勧めで山間に移動した家族、移動を拒んで川沿いに住み続ける家族(街に近い方が、物を売るのに移動費がかからないため)、ゴミ山を中心にコミュニティ形成をする集落、自ら教育を受けることを決心し孤児院に入る元ストリートチルドレン、そして自由を重視し路上で暮らし続けるストリートチルドレン・・・
それぞれが、状況や求めているもの、大事にしているものが違うのだと気づきました。

私たち外国人に対する反応も、場所によりさまざまです。
それでも一番根底の問題、お金=仕事がないという悩み、また、家族を一番大切にしているということは、どこも同じであることも感じました。

たった一日で、語学学校に通っているだけ、観光に来るだけでは決して知ることのできない、セブ島のリアルな生活を様々な側面から垣間見ることができました。
特に川沿いのスラム街は、橋の上から見ていて『どんな人たちがどんな生活をしているのだろう』と気になっていましたが、自分たちだけでは絶対に行くことができない場所だけに、リトさんのおかげで立ち寄ることができ、学ぶことの多いとても貴重な時間を過ごすことができました。
他の団体のスタディツアーでは、ここまで濃い内容を体感することはなかなかないと思います。

フィリピンのディープな側面を見てみたい方、受身になるのではなく自分から何かを提供して交流したい方には、本当におすすめのツアーです。
参加させていただき本当にありがとうございました!

 

 

スタディツアーの様子はこちら
http://agapay-ph.org/blog/ja/2015/09/study-tour1/